初めての方へ

工場・倉庫の塗装で
『会社選び』で決まります。

価格×品質×サービス=良い塗装会社の条件

ファクトリーペイント代表の柴垣と申します。
ファクトリーペイントホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

お客様の中には、「長持ちする塗料で、お金をかけずに、短い工期で塗装を終わらせたい」というお考えをお持ちの方がおられるかもしれません。しかしながら、塗装業界には多くの不良工事・手抜き工事が発生しています。

具体的には、塗料を薄めてメーカー基準量を塗っていなかったり、3度塗りのところを2度塗りにして早く終わらせる等、手抜き工事ありきでの見積りも存在します。
せっかく良い塗料を使ったとしてもその塗料の性能を引き出せないと、工事後3年後には剥がれてしまった等のトラブルに見舞われているケースが発生してしまいます。

そこで、本ページでは「本気で工場、倉庫の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り修繕工事を成功させ、皆の資産を守っていきたい!」という熱意あるご担当者様のお声から、初めて塗装を行われる方に対し会社選びの基準をお伝えするために作成しております。

良い会社の条件とは、お客様にとって納得できる価格で、高品質の塗装およびサービスや対応も良い会社だと考えています。
ぜひ、お読みいただき、納得できる工場倉庫の塗装工事を実現していただければと思います。

良い塗装会社を選ぶための
3+1のチェックポイント

01

工場倉庫の塗装見積りが分かりやすいかどうか?

工場倉庫の適正な価格を知るために、相見積もりという見積比較の方法が有効なのは言うまでもないかと思います。
ただし、見積りにおいて「一式ばかり」ですと、比較方法として有効ではなく、「工程別に、どの塗料を何回塗られている等の見積り内容が正確に記載されているか」という点が非常に重要になります。

理由としては、倉庫工場の屋根塗装・外壁塗装は目に見えにくい商品であるため、業者によっては一部塗るべき箇所を見積りに入れず、工事中に一部費用を請求するケースも発見されています。

また、見積り内容に工事内容が明記されていない事から、実際に工事をする際に誤解して工事を進めてしまう可能性も高くなります。そのため、下記のような正確でお客様が分かりやすい見積り書が重要なのです。

02

職人の技術が保証されている会社かどうか?

工場倉庫の塗装工事を行う機会は15年〜20年に1度程度ですので、塗装業者の工事品質が高いのか低いのか判断する術を持たれている方は多くないと思います。

そこで知っていただきたい事実としては、職人の技術≒国家資格塗装技能士のレベルと似通ってくるという事です。職人の技術力は経験によってある程度のレベルにはなりますが実際に目に見て判断することは難しいのが現状です。ただ、一定水準以上の技術力があることは、「国家資格」や「検定」などといった制度で証明することはできます。

中には、「資格なんか単なる知識の習得でしかない」といった事を仰る方がいらっしゃいますが、塗装技能士の資格は知識の詰め込みだけでなく、技術面を見るために、1時間の制限時間内に一定枠内の出来栄えを見る試験もありますので、職人の技術≒国家資格塗装技能士になるのはお分かりになるかと思います。

ぜひ国家資格者のいる塗装専門会社を工場倉庫の塗装工事で選ぶようにしていただければと思います。

スタッフ写真 資格写真

03

倉庫・工場の診断結果に基づいたプラン提出をしているか?

倉庫・工場の塗装工事の流れとしては、まずお悩みに関するヒアリングを実施し、続いて物件の現場調査、見積りご提案、塗料選び、色決めといった流れで進みます。

その中で大切な工程としては、工場倉庫の現場調査、劣化診断です。その調査診断によって、屋根材外壁材の状態を見極め、その状態に沿った施工方法や塗料を選定できるかで、仕上がりの美観や耐久性が全く異なります。

この調査診断が適当な会社に当たってしまうと、わずか3年で塗装が剥がれてしまう可能性も十分に考えられますのでご注意ください。

現場調査に際して、打診棒やクロスカット診断、クラックスケール、赤外線センサー、スコープなどの診断専門器具を使っているかは、工場倉庫の屋根材や外壁材の状態の見極めで非常に大切ですので、ぜひそのような機械を使っているかもご確認いただければと思います。

プランイメージ
+1

経費削減・労働環境向上など企業の発展につながる提案はあるか?

1~3のチェックポイントを満たした塗装会社を選び、塗り替えを依頼した場合、建物の保護や美観の回復といった、一般的な塗り替えに求められる事は満たされるかと思います。しかし工場・倉庫の塗装においてはもう一歩踏み込んだ塗り替えサービスが必要であると考えます。

企業にとって塗り替えは設備投資であり、投資である以上リターンを考えなければなりません。この投資がより多くのリターンを生み、企業競争力に繋がることが理想となります。

私達ファクトリーペイントの場合は、遮熱・断熱対策を徹底した工事により、夏場の工場・倉庫内の温度を低減させ労働環境の改善と、光熱費の削減を実現させます。二酸化炭素の削減も行いカーボンニュートラルやSDGsを推進する企業の社会的責任を後押しします。

『塗替えでキレイなるのは当たり前』これからはもう一歩踏み込んだサービス提案ができる事が良い塗装会社の条件であると考えます。

最後に

何事にも言えることですが、失敗しない!良い工場倉庫の塗装工事を行う一番の方法は、発注者として知識を付ける事だと思います。しかしながら工場・倉庫の塗り替えを何度も経験したことがある方はほぼいないでしょう。
そこで工場倉庫の塗装工事専門会社である私達が『外壁塗装・屋根塗装のポイント』『塗床工事のポイント』『雨漏り修理のポイント』『遮熱・断熱対策のポイント』をまとめましたのでご一読ください。

施工実績

名古屋市・プラスチック製造工場 外壁・屋根塗装

名古屋市・プラスチック製造工場 外壁・屋根塗装

名古屋市・アパレルメーカー倉庫 塗床工事

名古屋市・アパレルメーカー倉庫 塗床工事

名古屋市・工場 塗床工事

名古屋市・工場 塗床工事
施工実績一覧を見る

愛知県名古屋市の工場・倉庫の
塗装・修繕工事ならファクトリーペイントへ


                ご相談・診断・お見積り無料お気軽にご連絡ください!
                0120-172-610
                受付時間:9:00〜18:00

ドローン屋根診断
雨漏り診断
お見積り・お問い合わせ