遮熱・断熱対策のポイント

遮熱・断熱対策について

遮熱・断熱対策について

遮熱・断熱対策は工場・倉庫の暑さ対策に最適

工場・倉庫は鉄骨造で作られたものが多いため、熱の伝導率が高く、風通しが悪いため、夏には室内温度が40度を超えてしまいます。熱中症のリスクを伴いますが、広さもある建物内で空調を効かせるには空調機や大型扇風機など空調設備を複数運転をさせなければいけないため光熱費に悩まされます。そこで、効率的良く空調を効かせることができ、光熱費の削減にもなる「遮熱・断熱対策」をご紹介します。

遮熱・断熱対策を行うメリット

空・太陽イメージ

まずは遮熱・断熱対策を行うことによって、工場・倉庫にどのようなメリットが得られるのかをひとつずつご紹介します。

光熱費の削減

遮熱・断熱塗料を屋根や室外機に塗布することで、塗料の持つ反射機能と断熱機能によって太陽光から工場・倉庫を守り、屋根の表面温度を約18〜25度、室内温度を約4〜6度下げることができます。断熱機能によって室内の冷たい空気を外に逃すことがないため、空調機の使用量が減り、少ない台数で温度を保つことができるため、20〜30%程の光熱費の削減が実現できます。

労働環境の向上

遮熱・断熱塗料を屋根に塗布したことで工場・倉庫の室内温度が下がり、暑さに耐えながら作業することがなくなります。熱中症のリスクが下がるとともに労働環境が改善され、従業員は今までより過ごしやすい環境下で作業が行えるため生産性UPにも繋がります。

CSR(企業の社会的責任)の達成

工場・倉庫に遮熱・断熱対策を行ったことによって光熱費が削減されると、二酸化炭素の排出も抑えられます。そのため遮熱・断熱対策を行うことによって、世界規模で叫ばれているSDGs(持続可能な開発目標)、カーボンニュートラル、そしてCSR(企業の社会的責任)の達成が実現できます。

屋根の遮熱・断熱

屋根の遮熱・断熱対策には専用の塗料を用います。ここでは屋根に塗布する塗料の機能と効果をご紹介します。

遮熱・断熱塗料の機能

遮熱・断熱塗料には、太陽の熱エネルギーの90%を反射して屋根の表面温度を抑える「遮熱性能」と、蜂の巣状の中空ビーズが熱の侵入を防ぐ「断熱性能」があります。さらに伸縮性も高く、微細なクラックに追従して屋根との密着性を高める優れた「伸縮性能」と、15年以上性能を失うことなく使える「高耐久性能」も併せ持っています。

太陽の熱エネルギーを90%反射

遮熱・断熱塗料で得られる効果

太陽の熱エネルギーをカットしたことによって室内に伝達する熱の量が減少し、室内温度も上がりにくくなります。屋根の表面温度を約18〜25度、室内温度を約4〜6度下げます。また、断熱効果で室内から外への温度も逃さないため、空調機を少ない使用量で工場・倉庫を適温に保つことができます。20〜30%程の光熱費を削減することも可能です。

塗装前後のサーモグラフィ測定結果


				塗装箇所屋根表面温度 49℃
				未塗装箇所屋根表面温度 70℃
				温度差 21℃

				塗装箇所屋根裏温度 38℃
				未塗装箇所屋根裏温度 62℃
				温度差 24℃

光熱費・二酸化炭素の削減シミュレーション

光熱費削減金額 624,252円/1年間
二酸化炭素削減量 7,8ton/1年間

■1年間

光熱費削減金額 9,363,780円/15年間
二酸化炭素削減量 117ton/15年間

■15年間

窓の遮熱・断熱

工場・倉庫の窓から入る熱エネルギーを抑えるために、専用のフィルムを用います。ここでは遮熱・断熱フィルムする塗機能と効果をご紹介します。

遮熱・断熱フィルムの機能

遮熱・断熱フィルムは金属層でできているため、太陽の熱エネルギーを99%カット。建物内の明るさ保持のため、適量の可視光だけを取り入れ、必要のない紫外線、赤外線を反射して侵入を防ぎます。飛散防止にも効果があるため、台風などの自然災害時に窓ガラスが割れてしまってもガラス破片の飛散を防止します。


	太陽の熱エネルギーを99%カット
	明るさ保持に必要な可視光を建物内に取り入れます。

室外機の遮熱・断熱

工場・倉庫で効率よく光熱費を抑えて涼しく稼働するためには、室外機に遮熱・断熱塗料を塗布するのがおすすめです。ここでは遮熱・断熱塗料の塗機能と効果をご紹介します。

遮熱・断熱塗料の機能

室外機は空調機を運転している時、室内の空気の熱を外に排出するという役割を持っています。しかし室外機に太陽の熱エネルギーが当たると室外機本体はもちろん、周りの空気も暑くなってしまい、熱を排出するのに多くの電力を必要としてしまいます。そこで室外機に遮熱・断熱塗料を塗装することによって太陽の熱エネルギーから室外機を保護し、空調機はより少ない電力で冷房機能を発揮することができます。

遮熱・断熱塗料の機能

遮熱・断熱塗料で得られる効果

太陽の熱をカットしたことによって室外機が正常に室内の熱を外に排出することができるため、空調機を少ない稼働で工場・倉庫を適温に保つことができます。

大型施設の室外機に塗装した結果

光熱費削減金額 47,000円/月間
電力消費量 76kwh/月間

■月間での結果

光熱費削減金額 564,000円/年間
電力消費量 912kwh/年間

■年間での結果

光熱費削減で塗装費用をカバー

工場・倉庫の塗装を行う場合、遮熱・断熱塗料を選ぶと一般塗料より塗装料金が高くなってしまいますが、その分光熱費を削減することができます。長期的に見れば一般塗料で安く済ませた場合の光熱費と、遮熱・断熱塗料を塗った場合の光熱費と比べると、遮熱・断熱塗料の方が安くなります。また、光熱費削減だけでなく、従業員や環境の配慮への施策にもなるため、社会変化に応じた企業の取り組みとしても実行しておくのがおすすめです。
工場・倉庫の塗装を専門で行っているファクトリーペイントは、遮熱・断熱塗料だけでなく一般塗料で比較できるお見積書と、光熱費・二酸化炭素の削減予想書を提出してご提案しております。工場・倉庫の遮熱・断熱対策をお考えの方はぜひご相談ください。

見積もり・省エネルギー効果予測イメージ

愛知県名古屋市の工場・倉庫の
塗装・修繕工事ならファクトリーペイントへ


                ご相談・診断・お見積り無料お気軽にご連絡ください!
                0120-172-610
                受付時間:9:00〜18:00

ドローン屋根診断
雨漏り診断
お見積り・お問い合わせ